キャッシングに時効はあるの?

現代では様々な権利に対して「時効」が設けられるようになっています。
不法行為である犯罪行為を含めてあらゆる権利に対して時効が設定されていると言っても過言ではありません。
そしてこれは実は、キャッシングにおける借金でも同様のことが言えるのです。
ではキャッシングにおいて時効はどれくらいに定められているのかというと、これは貸金業者から借りた場合は5年であるとして定められています。
しかしこれで注意をしなくてはならないのは「借りてから5年」ではなく、「最後の権利の行使から5年」であるということでしょう。
権利の行使に該当するのは実際の返済を受けることのほかにも返済の請求なども該当してきますから、督促状を無視して5年が経ったから時効を迎えるというわけではありません。
また最後の権利行使から5年が経過しただけでもまだ時効は成立せず、そこで「時効を迎えたから返済をする義務は無くなりました」という援用をしなくてはならないということも注意が必要です。
こうした条件があることからキャッシングの時効を迎えることは珍しいことなのですが、ごく稀に見られることとなっていますから覚えておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *